設計・監理業務の流れ
※画像をCLICKすると拡大表示します

  1.CONSULT
  
ご相談
  
資金計画: 公的資金、銀行借入、資産売却等を含めたコーディネートをします。   
土地探し: 提携ディベロッパーより情報収集し、一緒に現地調査します。
法規制をふまえたラフプラン等により、適地かどうか
アドバイスをします。
 
建築相談: プランニング、法規制、構造、設備、デザイン等何でもご相談ください。
 
2.PLAN
  
企画提案
   
プランニング: 敷地が決定しましたら、打合せを交えながら、フリーハンドによるプランの提案をします。 ここまでは無料です。お気軽にご相談下さい。

 

エレベーション: プランニングと平行して、概略のイメージの打合せを交えながら、フリーハンドによるスケッチでエレベーション(外観)の提案をします。


概算算出: 解体、造成、建築、引越を含めた概算を、当社オリジナル概算表により算出します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
3.DESIGN
  
設計業務
   
設計契約: 概算費用を参考に、当社設計料率にて、設計監理業務委託契約を取り交わします。 ご契約時に設計監理料の30%を頂きます。
基本設計: 外観デザイン、プラン、内外仕上材料、必要諸設備等打合せを交えながらCGによるパース又はボリューム模型を作り、イメージの刷り合わせと、建物の基本的事項を決定します。
      

実施設計: 照明器具、コンセント位置、家具工事等、細部にいたる打合せを交えながら、施工に関わる詳細な実施図面を作製します。
そして終了の際には、全ての図面がご理解いただける迄説明し、微調整を致します。
官庁手続1: 法チェックを行った図面で、建築確認許可申請を行います。 建築確認申請終了後に設計監理料の30%を頂きます。
業者選定: 当社提携の施工会社、又は施工実績のある会社、又はお客様の指定業者を含め数社へ、入札形式にて見積りを依頼します。
見積り調整: 各社見積の適正をチェックし、相談しながら業者の選定をします
施工者決定: 予算金額に納まるよう、設計及び見積りの調整をします。
 
4.MANAGEMENT
  
監理業務
 
建築契約: 決定した施工会社と当社立会のもと、建築工事請負契約をします。当者は、監理者として契約書へ記名押印します。
工事着手: 建築確認申請許認可後、工事着工します。
工事期間: 各種検査(基礎配筋、コンクリート打設、上棟、造作完成等)を含め、週1回程度の施行監理を行い、設計図との整合性をチェックします。
又、お客様の許す限り同席打合せをし、一緒に住まいを造りあげていきます
工事完成
引渡検査:
施工会社と当社立会いのもと、一緒に引渡しの検査とチェックをします。
不適切な部分があれば更に
是正工事を行います
官庁手続2: 行政による完了検査を行い検査済証を取得します。 完成時に残りの設計監理料40%を頂きます。
引渡: 施工会社による諸設備の使用説明を受け、建物の引渡しを受けます。
入居: 入居後、当社立会いのもと、施工会社に依る1年後、2年後点検を行います。

ご入居後が、当事務所との本当のお付合いの始まりです。
一緒に創りあげた夢の住まいの住みごこちなどをうかがいながら、今後の楽しいお付合いが出来ることを所員一同願っています

TOPへ戻る

 Copyright (C) 2004 yume-kobo All rights reserved