□ IO−V工法(Insulation of Outside & Inner-Outer Ventilation 工法)とは
 

 近年、木造住宅においても高気密・高断熱の工法が提案されています。
その中でも「外断熱」と呼ばれる工法が注目を集めています。この「外断熱」と呼ばれる工法にもさまざまな種類・考え方のものがあり、中には「?」マークを付けたくなるような工法もあります。
 当事務所でも、この「外断熱」工法を研究し、「壁内通気」の考え方を付加したオリジナル「外断熱」工法を開発しました。それがIO−V工法です。
 私共が自信を持ってお薦めするIO−V工法は、「3つの優しい」をテーマとしました。

・ 人に優しい
「外断熱」にすることで、家の中での温度差(ヒートショック)が小さく快適です。冬の水廻りも寒くありません。
もうひと工夫加えたIO−V工法では、夏の湿気やシックハウス症候群・アトピーの不安を追放します。
 環境に優しい
「外断熱」にすることで高気密・高断熱となり、冷暖房効率が高まります。
ココにもうひと工夫加えたIO−V工法では、冷暖房機器の稼働時間を減らすことができます。エアコンや暖房をつけなくても快適なのです。省エネになりますのでランニングコスト(電気代など)も下がります。

 家に優しい
「外断熱」+「壁内通気」工法に、もうひと工夫で、木造住宅の大敵である壁内の湿気を外へ排出します。耐用年数が飛躍的に延びますので、愛着ある我が家に永くお住まい頂けます。


 IO−V工法の「もうひと工夫」

 IO−V工法では「3つの優しい」をテーマとしました。この「3つの優しい」を実現する「外断熱」+「壁内通気」工法では、いかに壁内の空気を動かすかがポイントとなります。ただ、空気の温度差を利用した自然対流だけでは十分でないような・・・。
 そこで、
もうひと工夫です。
 自然の動きで不十分ならば、適度なアシストを加えてあげれば良いのではないでしょうか。そこで採用したのが、棟換気扇:涼樹(屋根のてっぺんに付く電動ファン付きの棟換気で、壁内と小屋裏の空気のコントロールに役立ちます)と逆止弁付き基礎給気口:風樹(外気と床下の空気のコントロールに役立ちます)です。


夏季  棟換気扇:ON →  壁内通気の経路を外部へ開放します
基礎給気口:OPEN  

 夏季は基礎給気口を開け、地上付近の空気を取り入れ、床下の冷えた空気とカクハンさせます。この涼しい空気を壁内へ向け上昇させます。同時に棟換気扇の電動ファンを作動させ、強制的に家の中の暖まった空気や湿気を排出します。このことで基礎給気口からの空気の取入れ、また、壁内の通気を促します。
 空気が壁内を上昇する際に、各室の余分な熱と湿気を取除いてくれますので、快適な室内温度環境(人に優しい)を提供してくれます。
 
冷房負荷が大幅に低減(環境に優しい)され、冷房機器の稼働日数が非常に少なくなります。梅雨や夏季のほとんどを、エアコンを使わなくても快適に過ごしていただけます。
 また、壁内の空気を排出する際に、有害物質も一緒に排出しますので、シックハウス症候群・アトピーの不安を追放します。



冬季 棟換気扇:OFF →  壁内通気の経路を閉じます
基礎給気口:CLOSE 

 冬季は、棟換気扇の作動を停止し、また、基礎給気口も閉じますので、暖まった空気を外部へ逃がしません。床下〜壁〜小屋裏と暖かい空気が自然対流し、家全体を暖かく保ちます。
 この効果で、家の中での温度差が小さくなり、洗面所やトイレでの寒さが無くなります。ヒートショックの小さい、快適な室内温度環境(人に優しい)を提供してくれます。
 また、暖気を逃がしませんので、暖房効率も高く(環境に優しい)なります。いちど部屋が暖まると、その快適な温度が長続きしますので暖房機器の稼働時間が非常に短くなります。冬季のほとんどで、朝の暖房にて家全体を暖めていただければ、その後は、暖房を使わなくても快適に過ごしていただくことができます。

 どちらの季節においても、壁内の空気は常に動いており、結露の発生が非常に少なくなります。木にとって大敵である湿気が少ないということは、木造の家にとっては非常に大切なこと(家に優しい)なのです。

壁内(つまり、柱・梁=構造体のある部分)の木が傷みにくい

耐用年数が飛躍的に延びる

愛着ある我が家に永くお住まい頂ける

ということになります。

  ※夏季と冬季における棟換気扇と基礎給気口の切替について
棟換気扇は電動(室内にスイッチが付きます)にて、基礎給気口は手動にて切替えを行っていただくことになります。なお、基礎給気口につきましては、ご高齢の方や体の不自由な方のために電動式も用意しております。


 IO−V工法の応用

現在、この工法は木造在来工法にて採用しております。2×4工法にも応用できるシステムを研究中です。
 

TOPへ戻る

 Copyright (C) 2004 yume-kobo All rights reserved